幼稚園児にお習字は早い?

子供が文字に興味を持ち、「書きたい!」という気持ちになるのは個人差はあるものの、おおむね4歳前後です。
どんどん覚えて、気が付いたら書けてはいるものの、筆順も形もメチャクチャ‥‥ということがよくあります。
はじめに覚え込んでしまった誤った筆順やくせ字はなかなか直しづらいものですね。覚えはじめのこの時期こそ正しく、美しい字を身につける最良の時。教室では一人一人のお子さんの興味と進度に合わせて楽しく、正しく美しい文字の基礎を身につけられるようにすすめていきます。

覚えはじめにこそ使わせたい~ふで

ふでは難しい、と誤解していませんか?
小さなお子様にとって、鉛筆で小さな枠の中に字を書くことのほうがたいへんです。
ふでで半紙に大きく書くので、しっかりと筆順や形をとらえられます。
また、筆圧の安定しないお子様でも、ストレスなく書くことができ、安定した筆圧につながっていきます。

お習字を習わせてくれた親に感謝

ご自身がお習字を習った経験のある保護者の方からよく聞く言葉です。
お習字は確かに他の習い事にくらべて地味です。
しかし、美しい文字を身につけ、集中力や丁寧さといった内面的成長も促されるとても素晴らしい習い事です。
甘いお菓子や脂っこいファストフードと違って、「薄味だけれど、しっかり栄養のある和食」それがお習字です。ぜひお子様にお習字を勧めてあげてください。

墨で服が汚れない?

ふでともかきかた教室は<水書道®>でお稽古するのが特徴です。
特殊な半紙を使い、水で書くので、服や手が汚れず、安心してお稽古ができます。

お道具プレゼントキャンペーン中

入会の方には、小学校の授業でも使える書道セット、ふでともオリジナルバッグをプレセント。お道具を用意する心配がありません。

生徒・保護者様の声

BACK

えんぴつを持つ事が大好きだけど字が書けない。
自宅で教えてみたものの集中はしないし、なかなかうまくいかず、そのうち書けるだろうと諦めていました。
「ふでともかきかた教室」に通ってからは数回で文はまだ読めるまではいかないものの書けるひらがなが多くなりました。
それからは、ただ書く、からお手本などをマネして書くという方法(コツ)を理解したのか、書ける喜びを知り、自分から教室ではまだ習っていない字やアルファベットまで書くようになりました。
毎日のように「今日かきかた教室ある?」と聞いてくるほど楽しく通わせていただいています。



お手本をすぐ横に置いて、よく見ながら書くように指導していくので、観察力・分析力がつくのですね。

BACK

やはり、手や服が汚れないというのは嬉しい限りです。
それと、今まではうまく書けないと、おこったりしていましたが、ふでともかきかた教室の入ってからは自信もついて来たのか、落ち着いてていねいに文字を書くようになりました。
まだまだ字は上手ではありませんが・・・。



落ち着き・集中力・ていねいさが育つのもお習字の良いところですね。

BACK

ぼくは、二年生の時に習字を始めました。
はじめて筆をつかった時、とても楽しかったです。
学校で友だちや先生に字がきれいとほめられた時は、習っていてよかったと思いました。
三年生になってけんていを受けられるようになったので、たくさんきゅうがとれるようにがんばりたいです。



がんばろうという気持ちは何より大事。先生もうれしいです。

BACK

BACK

BACK
園児・小学生の書道教室 ふでともかきかた教室(株)筆友会代表取締役 前原 洋子

住所 〒246-0035
横浜市瀬谷区下瀬谷3-52-3(本部)

最寄り駅 小田急江ノ島線「桜ヶ丘」

アクセス 小田急江ノ島線「桜ヶ丘」
徒歩20分

電話番号 045-514-3547

ファックス番号 045-302-8967

メールアドレス hituyuukai@fudetomo.jp

資本金 400万円
□取引銀行
三菱UFJ銀行 ゆうちょ銀行

従業員数 (登録講師数)40名