生徒来室

例:園児のコース

生徒は、入口で「お願いします」靴もきちんと揃えます

お道具の準備

習字道具を準備します。自分できちんと並べることで、自立心や丁寧さが自然と養われていきます。

始まりのごあいさつ

背筋を伸ばし、静かに気持ちを落ち着けて

先生:「これからかきかたきょうしつをはじめます」

生徒:「おねがいします」
大きな声で元気よく。挨拶や礼儀を大切にします。

今日、書く文字のカードを見てみんなで読む
文字の読みかたをしっかりとらえた後は、ことばあつめをしたり、カードを読んだりして、文字を言葉としてとらえます。

先生が字を書きます

半紙4枚版の大きな水書き用紙に書きます。目の前で、はねやはらいを見せるので、どんなふうに書いたらよいのかがよく分かります。
先生のお話をしっかり聞く力もとても大切です。ふでともかきかた教室は定員8名の少人数制(8名を超える場合は講師が複数となります)。 子どもたちに聞く力を身につけさせます。

生徒が書く

水書道の半紙に大きく1文字を書きます。紙には十字の線が入っているので、形をしっかりとらえることができます。
お手本をすぐ横において書きます。お習字では当たり前のことですが、このことにより観察力がつくのです。すぐ横にお手本があるので、子どもたちはお手本と自分の書いた字を見比べながら、「ここがうまく書けた」「そこがうまくいかなかった」と自分で評するようになります。

講師は、「うまく書けた」ところを褒めるとともに、「うまくいかなかったところに自分で気づけたこと」を褒めてあげます。
そして、どうすればよかったかを一緒に考え子供に示していきます。
清書の時にうまく書けたときの子どもの喜びはひとしおです。こうした体験を通しながら、観察力・判断力・自己解決能力なども育まれていきます。
「お習字を習っている子って賢い子が多いわね。」そうお感じになったことはありませんか?お習字は正しく美しい字を書くことができるようになるという以外に様々な能力の基礎を自然と養っていくのです。

習字道具の片づけ 鉛筆の用意

自分のお道具を自分で片付けます。

プリントに書く

年中用・年長用と違うプリントになります。特に、年長用には「ことばあつめ」のコーナーがあり、自分で考えた言葉を書いていきます。その際に、個々の進み具合に応じて、濁音・半濁音・拗音・促音・カタカナなども指導していきます。
筆で書いた字と同じ字をプリントで練習します。筆で学んだ字をすぐにえんぴつで練習することにより、普段の字に反映させていく。このことは「ふでともかきかた教室」のもう一つの特徴です。
きめ細やかに見て回り、鉛筆の持ち方・姿勢などもチェックします。

終わりのごあいさつ

「きをつけ」
背筋を伸ばし、気持ちを落ち着けて、スーッと深呼吸

「これでかきかたきょうしつをおわります」

「ありがとうございました」
締めくくりの挨拶も大切です

BACK

BACK

BACK
園児・小学生の書道教室 ふでともかきかた教室(株)筆友会代表取締役 前原 洋子

住所 〒246-0035
横浜市瀬谷区下瀬谷3-52-3(本部)

最寄り駅 小田急江ノ島線「桜ヶ丘」

アクセス 小田急江ノ島線「桜ヶ丘」
徒歩20分

電話番号 045-514-3547

ファックス番号 045-302-8967

メールアドレス hituyuukai@fudetomo.jp

資本金 400万円
□取引銀行
三菱UFJ銀行 ゆうちょ銀行

従業員数 (登録講師数)40名