物言わぬ動物たちの苦しみや痛みまた要求などを理解して寄り添い、ご家族の安心につながる治療、アドバイスができるよう尽力してまいります。

4つの予防について

仔犬を飼い始めたら…「4つ」の予防を考えましょう。

ワクチン接種の時期がちょうど仔犬の社会化と一致します。その犬の一生の性格を決める重要な時期でもあります。

ジステンバー・伝染性肝炎・バルボ

ジステンバー・伝染性肝炎・パルボなどのヴィルスが原因の病気予防です。仔犬は母親の初乳を通じて、これらの病気の免疫(抵抗力)をもらいます。…が、生後ニヶ月位から切れ始めます。その時に混合のワクチン接種を受けましょう。さらに、生後3ヶ月・4ヶ月と追加接種をすることによって抵抗力を高め、仔犬のワクチン接種は完了です。その後は一年回の追加接種をします。

フィラリア

フィラリア予防です。ご存じのようにフィラリアは蚊に刺されてうつり、そうめんのような(20cm~30cm位の)虫が寄生する病気です。夏、蚊に刺されて翌年の春には心臓で寄生します。予防として、1ヶ月に1回薬を飲ませます。飲ませる前に血液検査が必要です。蚊の発生する頃から蚊がいなくなって1~2ヶ月後まで飲ませましょう。

狂犬病

狂犬病の予防注射です。春になると街角で集合注射を見かけることがあると思います。一生1回の登録と年1回の注射です。お住まいの市町村の動物病院で、注射及び登録の手続きができます。日本では馴染みの薄い病気ですが、お隣の韓国や他の多くの国々では一般的にある病気です。人にも感染する病気で発症したら確実に死に到ります。法律で義務づけされている注射です。

去勢・避妊手術

仔犬が生後6ヶ月以上になったら…。この子の仔犬が欲しいと想われないなら去勢・避妊手術を受けましょう。動物も人と同じように長生きをするようになってきました。長寿になるにつれて以前ではみられなかった病気が増えています。オスの犬では前立腺肥大や会陰ヘルニアなど、メスの犬なら子宮蓄膿症や孔線腫瘍などです。これらの病気は去勢・避妊手術をすることによってかなり防げます。

BACK

BACK

BACK
あぶの動物病院

住所 〒569-1141
大阪府高槻市氷室町3-28-3

電話番号 072-694-9150