相続について

相続財産の60%以上は不動産です。不動産は評価方法により、評価が全く変わってしまうものなのです。 不動産相続で得するか損するかは、不動産の扱い方にかかっていると言っても過言ではありません。 相続においての不動産売買は、一般の売買と違って特殊な事情を考慮しなければならない場合が多くあります。 売却は手段であり、本当の目的は納税や分割にあるケースなどです。 よって、「不動産会社のみ」「税理士のみ」といった個別の対応では、うまくいかないことが多く、お客様側のリスクも高まります。 大勢不動産の『相続コンサルティング』では、不動産会社、税理士、鑑定士で連携することによりシナジーが効き、よりよいサポートが提供できます。

代表からのメッセージ

大勢不動産 代表の花田と申します。 個人の居宅・土地の売買はもちろん事業用も取り扱っております。 また、相続についても何でもご相談下さい。 当提携スタッフを駆使し万全なサポートをお約束いたします。

提携税理士からのメッセージ

東陽税理士法人代表の山下大と申します。 当法人は不動産事業相談、相続対策及び相続税申告を毎年、多数受託しており、それぞれに対応できるスタッフがおります。 ご相談者様から「ありがとう」の一言を頂ける事が私達の仕事の糧であり、喜びです。 親身になって対応することが当法人のモットーであり、ホームドクターとして、個人の財産を守ることが私達の使命です。 お気軽にお声掛け下さい。

提携司法書士からのメッセージ

司法書士法人C-first代表の山内浩と申します。 当法人は相続、遺言等の相談実績の豊富な司法書士(相続アドバイザーを含む)が複数在籍しており、相談は無料になっています。また、事務所には個室の相談スペースも設けてお客様のプライバシー保護にも万全を期しておりますので、お客様には安心して相談していただける環境を整えています。 お気軽にご相談くださいませ。笑顔でお待ちしております。 なお、ご相談に来ていただいたお客様には、「あんしん相続ガイドブック」をプレゼントさせていただきます。

土地家屋調査士からのメッセージ

あなたの土地に図面はありますか? 不動産の表示に関する登記の専門家「土地家屋調査士」が、 あなたの大切な財産である不動産の権利を守ります。

不動産相続売買の流れ

売却の場合(sell)

1 ご相談
2 売却以外の手段を検討
3 物件調査・売買条件の確認
4 査定書提出
5 媒介契約締結
6 販売活動
7 成約
8 売却代金のお渡し

購入の場合(buy)

1 ご相談
2 購入以外の手段を検討
3 購入条件の確認
4 物件資料の案内
5 現地案内
6 成約
7 購入代金お支払い


親身になって相談・提案

相続は親族間でもトラブルになることが非常に多いです。 家系によって相続の仕方も異なります。 例えば、うちは土地を現金に変えた上で相続したい等です。 そんな相談しにくい事項も大勢不動産にご相談頂ければ親身になって提案いたします。 個人経営ならではの小回りの利く対応、スピーディーな対応を心がけ、お客様第一の主義で営んでおります。 大手不動産屋ではできないような要望も一度ご相談下さい。

BACK

お急ぎの方はお電話でお問い合わせ下さい。
TEL:0725-22-2141





















BACK

BACK
大勢不動産

住所 595-0802
大阪府泉北郡忠岡町高月南2丁目1-11

最寄り駅 JR阪和線和泉府中駅

アクセス JR阪和線和泉府中駅下車
車で約7分
JR阪和線久米田駅下車
車で約7分

電話番号 0725-22-2141

メールアドレス info@taisei-re.jp

休日 不定休

事業内容 不動産売買