ガンについて
日本では、死亡者の約4人に1人はガンによるものです。
日本人の高齢化がガン増加の大きな原因です。
必ず定期検診は受けておきましょう。
 
がんは老化とともに必然的に発生してくる病気で、がんになるリスクは、40歳以上80歳まで5年ごとに約2倍ずつ高くなるといわれています。

しかし、がんの3分の2は予防できるといわれており、たとえ、発がんリスクの高い病気や遺伝性素因を持っていても、食生活や生活習慣と漢方薬や健康食品で体質をしっかり改善することで発がん過程を現実に抑制できることがわかってきました。

それではガンとは一体どのような病気でしょうか?

ガンってどんな病気?

がんは、健康な細胞が何らかの要因によってがん細胞に変化し、それが体の健全な新陳代謝を無視し、勝手に分裂増殖をはじめてしまう病気です。

増殖したがん組織は、だんだんと大きくなり、まわりの正常な組織を破壊し、ほかの組織細胞が必要な栄養まで奪ってしまうようになります。

がん細胞の特徴は、
●細胞の分裂増殖が果てしないこと
●そのスピードが速いこと
●転移すること
こうして全身をむしばんでいきます。

それでは、なぜ、健康な細胞が突然がん細胞に変異してしまうのでしょうか。

化学物質やウイルスや毒性物質などのイニシエーター(発がん因子、いわゆる発がん物質)により、細胞内の遺伝子の構造が変化します。
それがどんどん分裂して異常成長し正常組織にはいりこんでゆくのがガンです。
イニシエーターによってがん化への引き金がひかれてから発病まで、約10~20年かかるといわれます。

最近の研究で発ガンイニシエーターのなかには、フリーラジカルが大量に含まれていて、それが直接の原因で生きた細胞を傷つけたりDNAを傷つけ、ガン細胞を作る引き金の原因となったり、科学的に非常に不安定な活性酸素を発生することが解明されてきました。
そのなかの代表格の活性酸素は赤血球を変形させ、それがからだの中の毛細血管の内壁を傷つけたり血液循環を悪化させたり、その結果各臓器の新陳代謝を悪化させ疲労物質がたまり、病気を治りにくくします。

ガンの放射線治療は、このとき発生する活性酸素を利用してガン細胞を直接やっつける方法ですが、同時に、健康な細胞まで痛めてしまいます。
患者さんの体力消耗と脱毛があるのはこのためです。

発ガンのプロセス
活性酸素は『酸化』という分子レベルの攻撃を行うため、DNAを構成する物質を変質させて、傷をつけてしまうこと可能です。
つまり、別の細胞が再生される突然変異を起こす原因のひとつとなります。

ただし、突然変異の細胞が産まれただけで、すぐにがんになるということはありません。
発がんのプロセスは下の図のように3段階あり、この1段階と2段階で、活性酸素が重要な役割を果たしています。

第1段階 イニシエーション(初期化)

第2段階 プロモーション(促進期)

第3段階 プログレッション(進行期)

このとき、正常細胞へのダメッジを最小限に食い止め、体力と免疫力の消耗を少しでもくいとめる働きをするのが、すゑひろ廣漢堂薬局のおすすめする漢方薬と代替医療食品です。

科学的物質は以上のようなものが解明されてきていますが、活性酸素はだれでもどこでも、比較的、発生しているものなのです。
それをいかに上手に、消去または、発生させないようにするかは、いろんな方法が研究されて来ていますし、知らない間に私たちの日常生活や食生活の中に取り入れられていることが良くあります。
たとえば、日本茶を飲む習慣とか、日本食・野菜・魚・果物・お味噌・なっとう・おとうふなどを日常的に食していることなどです。

体質的に、または、遺伝的に病気やガンになりやすい体質を漢方薬や適切な健康食品を日常的に摂取することで、がんの発生や再発を積極的に予防・軽減させることが可能になってきています。

すゑひろ廣漢堂薬局のおすすめする漢方薬と免疫力を増進する健康食品は抗酸化力の強い成分を多く含み、免疫力を高めたり組織の新陳代謝を改善することによってがん体質を改善する効果を発揮し、がんの発生や再発の予防にも有効です。

もっと詳しくお知りになりたい方、また、今すぐにでも対策をしなければいけないと真剣にお考えの方は、お問い合わせ下さいませ。

ガンの予防と対策

1. ガンの予防にはバランスのとれた栄養をとり、食べすぎ、お酒の飲みすぎは控えましょう。
毎日3回の食事を欠かさず、朝食を多めに昼、夜と順に食事を軽くするよう努力してください。
朝食は活力源だけでなく、脳を覚醒し活性化をはかります。
2. ストレスはガンには大敵です。
休日には、仕事を忘れ、好きな運動や芸術鑑賞などで、十分に気分転換をはかりストレスを解消しましょう。
3. 乳がん患者の80%が40歳以上。
30歳からは、乳房に潜むしこりの自己検診をしましょう。
がん対策はとにかく日ごろからの心がけがなにより大切です。
なってから慌てるのではなく、しっかりした予防方針を立てた生活をしましょう。

BACK

お問い合わせの際はフォーム項目に加え、
備考欄に下記の情報をご記載下さい。
・身長
・体重
・今一番なおしたい症状・体質(何年から、症状、体質、使った医薬品、健食の効果)
・食事の回数と大体の内容(和食・パン・外食・油物など)
・便通、睡眠
・酒・タバコの量
・ご希望の大体のご予算の範囲(不明の場合は不明で結構です)





















今一番なおしたい症状・体質(何年から、症状、体質、使った医薬品、健食の効果)等
必要な情報をご記載下さい。
(ページ上部参照)



その他何かあればご記入ください。

BACK

アクセス
京阪本線 古川橋駅 徒歩4分

BACK
すゑひろ廣漢堂薬局

住所 〒571-0065
大阪府門真市垣内町4-19

最寄り駅 京阪本線 古川橋駅

アクセス 京阪本線 古川橋駅 徒歩4分

電話番号 06-6906-8088

メールアドレス suehiro8@krc.biglobe.ne.jp

休日 日曜・祝祭日

営業時間 平日
10:00~18:00
水・土曜日(要予約)
10:00~13:00
※営業時間のことで、どうしてもご都合のつかない方は、直接、電話でご相談ください