置き場所・置き方

植物を買って育てようという時、置く場所や置き方はただなんとなく気に入った場所に置いてしまっていませんか?
植物も生き物ですので、環境によって大きくかわります。日当たりがいい、日影が良い、品種により向き不向きがもちろんあります。 その植物のベストなポジションはどこなのか考えて配置してあげてください。購入の前に「どこに飾るか」をまず考えた上で購入するのがいいでしょう。多くの植物を飾りたいけど、すべての場所が日当たりがいい、日影があるとも限りません。そんな時はローテーションで場所を入れ替えてあげるといいでしょう。置く場所も鉢を直接地面に置かず、なにか台等を用意してあげるといいでしょう。

水やりについて

水やりは毎日するものだと思っていませんか?
毎日水やりをすることで、逆にうまく育たなかったりすぐに枯れてしまったりする事がよくあり ます。それを防ぐために適切な水やりの方法をご紹介します。

つづきを読む

春から秋(4月~10月)にかけては鉢の表面が乾いたら水やりをします。水の量は鉢の底から水が出てくるまで、しっかりと水を与えてあげてください。これ程にしっかりと水やりをする理由としては、土の間の古い空気を押し出し、新鮮な空気を鉢全体に流し込み、植物にきれいな空気を与えてあげる意味があります。

冬~春に(11月~3月)かけての気温が低い時期は表面が乾いたように見えてから1~2日程開けて、水をあげましょう。これは、温かい・暑い時期に比べ水が下部に十分残っているからです。

また、真冬は特に注意が必要です。少し多く水をあげすぎると根腐れを起こしやすくなります。品種にもよりますが、寒い時期ほど間隔を開けて栄養を与えてあげます。1ヶ月ほど水をやらなくて良い品種も中にはあります。そんなに水をやらなくて大丈夫なの?と不安になることもあるでしょうが、幹や根っこは生きているので春になれば元気になってくれる事が多いです。しかし、枯れた原因が水が多すぎると言うことであれば話は変わってきます。根っこから腐ってきてしまうことが多いので生き返らない事もよくあります。

水やりの時間ですが、温かい日の午前中がいいでしょう。温度は人肌くらいが適切です。

肥料をあげよう

家庭で植物を育てる場合、土にミミズやダンゴムシといった植物に栄養を与えてくれる虫がすくなく、栄養が行きわたりにくかったりします。その為、人の手で肥料をあげる事で解決しましょう。

つづきを読む

【肥料の量について】
肥料の量には注意しないといけません。少なすぎると育ちにくい事は容易に想像ができると思いますが、多すぎても栄養の過剰摂取となってしまい、植物に悪い影響を与えてしまいます。例えば、根っこが溶ける。葉っぱが大きくなりすぎる。土が酸性になり、害虫が寄ってくる。など良いことは無いです。

【どんな肥料がいいのか?】
肥料は有機肥料と科学肥料とありますが、配合が難しかったりします。最近では適切な調合がされた肥料が売っていますので、それを使うことが一番いいでしょう。

害虫対策

【害虫予防について】
植物を健康に育てる。
これが一番の予防になりますが、なかなか難しかったりします。そんな悩みを簡単に解決できる薬があります。是非、参考にして健康に育ててあげてください。

・オルトラン粒剤
土の上に撒いておくだけで害虫予防ができます。効果は約1ヶ月で、毛虫、アブラムシ等その他多くの害虫に効果があります。水に溶かして使うタイプのオルトラン水和剤もあります。

・カルホス粉剤
土に混ぜ込んでおくタイプの薬です。
効果も長期間で、ネキリムシやヨトウムシ等、土壌害虫が寄ってこなくなります。混ぜてからすぐに植える事もできます。

つづきを読む

【病気について】
多くの植物は、植え付けてすぐに農薬を撒く必要はありません。(品種・品目によっては病気に弱いものもあります)毎日よく気を張ってあげて観察し、病気の兆しがありそうなら速やかに消毒してあげましょう。スプレータイプのものに、殺虫剤・殺菌剤が混合されているものもありますが、病気になってしまった場合は植物の全体に散布されないと効果が薄くなります。薬にもいろいろとあり、当然植物によって選ばなくてはいけません。病気にかかってしまった場合は一度園芸店へ持っていって相談するのがよいでしょう。

植え替えの方法

植物を健康に育てるためには植え替えは大切な作業です。
とくに観葉植物は、植え替えをしてあげないと根詰まりを起こしてしまいます。根が健全に育つように、植物の植え替えをしましょう。植え替えると、さらに一回り大きく健康に成長します。

つづきを読む

【植え替えの時期】
鉢の底から根っこが出てしまっているものや、水の通りが悪く根詰まりを起こしているものは植え替えをしてあげましょう。根腐れを起こしているものも同様です。出来るだけ早く成長に合わせた鉢へ取り替えてあげましょう。植え替えの目安としては2~3年に1度、春か秋あたりで行うのがよいでしょう。
以下のような事が植え替えを行うサインです。

・根腐れを起こして葉の色が悪くなっている。
・地上部と地下部のバランスが悪い(明らかに地上部のほうが大きい)

【植え替えのやり方】
鉢から抜き出し、古い土を取り除きます。
根を1/3程度切り詰め、大きな鉢へ植え替える。株分けをする場合ははさみか手で半分に分けて、2つの鉢に分けましょう。

BACK

■メールでのお問い合わせの場合は確認後、少々お時間をいただく場合がございます。
■お急ぎの方はお電話でお問い合わせ下さい。
TEL:053-421-1664



所属・企業名をご記入下さい

















お問い合わせ項目



BACK

BACK
齋藤園芸

住所 〒435-0052
静岡県浜松市東区天王町470

電話番号 053-421-1664

ファックス番号 053-544-5501

メールアドレス info@interior-plants.jp

休日 日曜・祝日

営業時間 9:00~18:00