平成29年 自動納骨堂建立
平成14年 永代供養塔建立
平成11年 第二期駐車場拡張工事27坪 山崎邸
平成9年 第一期駐車場拡張工事27坪 若杉邸
平成8年 地蔵堂・水屋・無縁供養塔建立
平成元年 一月 法嗣高橋英俊が第三十三世として本要寺住職に就任
昭和53年 一月 位碑堂完成
常勝上人 壇信徒の協力のもと引き続き境内、墓地の整備営繕に努め、本要寺の寺観を一新
引退
昭和51年 四月 書院を完成
昭和41年 本堂が落成
宗祖大聖人第七百忌の報恩事業として書院位碑堂の建設計画に着手
昭和32年 庫裡を再建
墓地の整備事業も完成
昭和20年 七月七日 清水大空襲で寺の本堂庫裡全て焼失
日静上人はいち早く本堂再建へ
仮本堂を建立
仏事行事を行い壇信徒の教化を再開
昭和9年 庫裡竣工
昭和5年 本堂完成

寛永元年~大正

◆寛永元年
妙蓮寺の第八世蓮行院日等上人がこの地に隠棲して一字を草したことが本要寺の開創とされている

◆江戸中期末 寛政年間まで
隠居寺(引退した住職の入る寺)とし十四代の住職を数えるが、その間については記録がないので不明

◆寛政三年
第十五世本量院日診上人 没
寺の過去帳にも記載される

◆延享二年
「身延久遠寺触下本末帳」にも「妙蓮寺末、本要寺」と記される

◆江戸中期末頃
堂宇も建立され寺として基盤が定まる

日診上人
本理院日誠上人
福泉院日受上人
貞如院日義上人
端賀院日善上人
通現院日忍上人
文海院日善上人
顕誠院日登上人
中略
泰延院日満上人 本堂の新築

◆明治 三十年
台風で本堂倒壊

◆大正 十四年
日静上人 本堂・庫裏の再建

BACK

BACK

BACK
本要寺

住所 424-0806
静岡県静岡市清水区辻4-3-1

最寄り駅 清水駅

アクセス JR東海道本線(熱海~浜松) 清水駅から0.5km

電話番号 0543-66-6335

ファックス番号 0543-66-1430

メールアドレス honyoji@mail.wbs.ne.jp